読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

JIKOKENNJIYOKU-NIKKI【21st Century】

明日から本気出すわ。

京成で成田空港に向かう途中でアクシデント発生

成田空港に向かうため、京成線に乗ってたんですわ。

 

車内でスマホをポチポチしてたら、駅でもないところで急に停車。

 

なにやら緊急停車ボタンが押されたとのこと。

車内騒然。

 

運転士のやり取りを聞いていると、痙攣で倒れた人がいるとのこと。

 

とっさに、「けいれん発作の対応って、黙って見守るだけだったよーな記憶があるけど、どーだったっけ」とアタマに浮かびました。

 

ぼんやりそんなことを考えていたら、運転士のもとに乗客が助けを求めにきました。

 

やっぱり人が倒れていて、けいれん発作を起こした模様。

 

で、ここからボクは運転士の行動を観察してました。

どんな行動とるんだろう、と。

 

呼ばれた乗客についていくんだけど、きちんと運転室のカギをしっかりかけてたのね。

 

その後、状況確認を行ってから運転室に戻ってきて、車内に現状をアナウンス。

 

次の駅が近いということで、その駅まで向かい救護活動を行うという判断をしたようです。

 

その旨もアナウンスで述べていて、次駅に到着後、無事に救護完了。

このときも一旦、運転室を離れたんだけど、きちんとカギをかけてから行動してました。

 

すぐに発車。

結果、五分の遅れでした。

 

アナウンスで少し声が上ずったりとかしてたけど、話しぶりは普段のそれだったし、発車前の確認もしっかり行っている感じでした。

 

 

すげぇ。

 

この一言ですわ。

 

 

普段から地道な研修やったり、マニュアル整備したり、日常業務も気を抜かずやってることが、こういった非常事態の対応に現れているなと感じました。

 

日本の特に都内を走る鉄道は素晴らしいね。

今回の京成もすごさを間近で体感したけど、東京メトロも毎朝の通勤ラッシュをよく捌いてるな、と。

 

地味ですが、安全な交通を成り立たせている交通インフラ会社はやっぱすげーなという話でした。

 

日々の研修やルーチンをしっかりこなすことが大事だなー