読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

JIKOKENNJIYOKU-NIKKI【21st Century】

明日から本気出すわ。

愛媛マラソン2017走ってきたでござる(後編)

愛媛マラソン本番は天候・体調ともにコンディションも良く、言い訳できないくらいの好条件でした。

 

数日前まで雪が降るかもといった天候の心配がありましたが、晴天でした。

 

 

自分は最低でもサブフォーを目標にしていました。

練習してないのにおこがましく(笑)

 

距離も踏んでないし、週に1、2回しか走ってなかったです。

長い距離は最高で20km。まあ、なんとかなるだろう、と完全に舐めきってました。

 

 

で、スタート。

実はスタート前から猛烈な尿意が襲ってきていて、最初のトイレ地点に駆け込みました。

 

で、そこでスッキリしたはずなんですが、その後もなんどもトイレへ駆け込み、結果5回くらいトイレにいきました。

 

ペースもゆっくりだったのもあり、低い気温の中で体が冷えてたのが原因かも。

 

トイレハンデ(自称)がありながら、快調に走っていました。

 

最初はキロ5分を切るくらいから5分ちょいで。

 

で、思いました、「これ最後までもたないな(笑)」

 

ろくな練習してないのに、このままいけるはずはない、と。

 

そこであえて自重して5:10くらいに落としました。

 

そこからずーっとそんな感じでペースを刻んでいたんですが、突如ペースが落ちました。

 

おかしいなー登り坂でもないのに、と思い、ボクのガーミン235Jを確認。

 

心拍数をみると、188に(笑)

 

それまで168-172くらいで刻んできていたのですが、突如のブチ上がり(笑)

 

これは足が止まる前兆だな、と思いました。

ただ、自分の感覚としては押していけそう。

 

機械を信じるか、自分の感覚を信じるか、少し迷いましたが、トレーニングしてない自分の感覚は信じられないので、ガーミンの数値を信じました(笑)

 

 

これが後々奏功したと思います。

 

 

ペースを思いっきり落としてキロ6:00までかからなきゃいいわと。

27km地点あたりからはそんな感じで走り続けました。

 

 

すると、やはりペースは上がらない、心拍数は下がらない。つまり、遅いペースでも相対的に体には高負荷に感じる状態となり、バテてきてるんだな、と(笑)

 

徐々に足も重くなり、サブフォー達成までを計算しながら、「このままキロ6分切りでいけばヨユー」とか考えながら走り続けました。

 

で、なんとかかんとか足がつることもなく、多少左膝が痛いくらいでサブフォー達成できました。

 

 

その後は友人たちと合流して、道後温泉で入浴、からの今回のボクの最重要ゴールである道後ビール!

 

f:id:at251:20170213162214j:image

 

めちゃうまかった!

 

やはりフルマラソン後のビールは最高でした!

 

目標のサブフォーを達成してなきゃ味も変わっていたと思うので、とにかく良かったです!

 

また行きたいな〜と思うくらい楽しいレース&宴会でした〜