読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

JIKOKENNJIYOKU-NIKKI【21st Century】

明日から本気出すわ。

昨日から国会が開会したわけですが。

昨日から第193回通常国会が開会されましたね。

で、昨日20日金曜には、23日月曜の本会議での代表質問の質問通告がなされたわけなんですが、きましたよ、きましたきました、国会待機。

 

私の中央省庁での勤務も残すところ2ヶ月ちょっとなんで我慢するしかありませんが、ホントにアホ。

 

うちは20時ちょい前に「超過勤務縮減対策がうんたらかんたら」というアナウンスがオートメーションで流れて、20時を過ぎたところで、自動的に部屋が消灯されるんですわ。

 

で、入口に近い職員が電気のスイッチをつけにいって、何事もなかったようにパソコンに向かいます。

 

もうね、ポーズだけですよ。すべてが毎日のルーチンとしてオートメーションに行われるので、誰1人として「あ、残業多くなってるな、今日は早く帰らなきゃ」とかなるわけないっつーの。

バカなの? アホなの?

 

実態への対応よりも、説明可能か、責任を負わなくて済むかという観点を重視した仕事しているので、こういうことになるんだろうね。腐るわ。俺もすでに人間として腐ってるけど。

 

で、上記のような「早く帰れアナウンス」が流れる中、特に野党からの質問通告が来ないので、どうせうちの課は当たらないのに無意味に待機っすわ。

 

「帰っていいよ」(解除もしくは居所とか厳重居所)になるまで待機。

 

ひたすら待機。

 

つーか、代表質問なんて内容見えてるし、うちに当たらないのわかってるのに、「まだ帰っちゃダメ」って指示は何なの?

これも税金の無駄遣いが発生してるって視点が欠落してるよね。

 

三月まで耐えよう。

 

自分の仕事は終わってるのに、アホみたいにダラダラと遅くまで残り、次の日も前日の帰りが遅かったから午前中は生産性皆無でダラダラ仕事をして、「どうせ今日も(国会待機で)遅いんだし、急いて仕事しなくていいな」とダラダラ仕事をして、無意味に残業を積み重ねる。

 

で、終電乗らない職員も多いのでタクシー帰りっすわ。

 

残業代もタクシー代も税金ですわ。

国民がヒーヒーいってる税金がこんなところに充てられて、「無駄をなくす! 適正利用する!」ってアホかと。

 

うん、三月まで耐えよう。

 

ついこないだも文科省天下りが問題になりましたね。

他の省庁も調査が入るみたいですが、うまく隠すんだろうな〜。つか、内部の人間が調査してもなんにもならないでしょ。自浄能力ゼロだからね。

 

火の粉がかからないように粛々と仕事します。