読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

JIKOKENNJIYOKU-NIKKI【21st Century】

明日から本気出すわ。

神様、夢なら醒めないで。

ゆう活。


それはこの世に存在しないと思っていました。
そう、それは、三次元の彼女と同様に。


「仕事おわんねーなー。急いでもどうせ帰れないし、ゆっくり片づけるか」と思った定時2分前。



上司「はい、あと2分で帰ってね〜」



「え、えぇっ!?」




どうやら、あまりにゆう活の実施率が悪くて、部門がお叱りを受けたようです。


これはチャンス!


めっちゃ速度をあげて急ぎの仕事を片づけて、残りは見なかったことにして、帰りました。

なんと、残業時間は1時間半!!


重要なことなので、もう一度いいます。


残業が1時間半だけだったの!!






外に出たらまだ明るかったからね。
チョー感動!








と、ともに、あまりに早い時間なので、どうしていいかわからず、思いつきでスープカレーを食べにいきました。



そして〜、お目当ての〜、店に〜、ついた〜

















「やってねぇ(震え声)」





あまりのショックに、アタマの中が声に出ちゃったもんね。


で、駅から向かう途中にカレー屋があったのを思い出し、スープカレーみたいなのも看板に載ってた気もしたので、そちらで妥協することに。




店内に入って、お、あったあった、これ、スープカレー一つ。そして、ビールも。




調子にのってビールも注文しちゃいました。

ハゲなのに。

ちょいデブなのに。

f:id:at251:20150715204016j:image



で、スープカレーがきました!



きました。





……きました。






あまりにひどいので写真は撮りませんでしたが、僕はねこーいうのを想像してたの。




f:id:at251:20150715204144j:image




実際に届けられたのは、スープカレー、いやカレー風スープに、大きくもなく小さくもないチキンが浸ってるものが、僕の目の前に。



素で驚く僕に対して、店主のおっさんが、


「チキンをほぐして食べるとおいしいですよ。そして、スープをご飯にかけながら食べるとおいしいですよ(ニッコリ)」


いや、そもそもほぐすのはチキンしかないし。
つーか、チキンも一つしかないし。


で、もう一つ言わせてもらうと、僕はご飯をスープに浸して食べるのが好きなの。

ご飯をスープにヒタヒタして食べるのが、好きなの!!




あまりの衝撃的なスープカレーと呼べないスープカレー風食べものに落ち込みながら、帰宅しました。




慣れないことはするもんじゃねーな。










あと関係ないけど、昨晩かな?
日比谷公園でやたらと人が集まって、デモやってましたけど。
安保関連法案の反対集会的なものだと思うんですが、「いまそれやるかよ」って感じました。


そんなことやるなら、選挙のときにヤル気だして投票しろよって。

選挙で選ばれた国民の代表(とされる)の国会議員が決めてるんだし。
国会議員=国民、ってことになってるんだから、選挙のときに騒げよな、と。

選挙のときにヤル気ださないで、こーゆーときに騒いでも何にもならないんじゃないかと。



ま、いいっす。

僕は健康を害さず働けたら、それでいいっす。
だから、共◯党は早く通告だしてね。


って友達が言ってました。